ED治療をする医者と患者

EDの判断基準とは

男性特有の現象の中にはEDと呼ばれている症状があります。勃起障害に約することができますが、EDの初期の状態では本人が自覚症状を持っている場合や、そうではない場合に分けることができます。比較的若年層の方のケースでは、症状が分かりやすい環境にありますが、30代半ば以降の年齢の方であれば、単に年齢に起因するものと考えてしまうこともあります。しかし、EDの場合では基本的には年齢と関係を持っている症状ではありますが、その判断基準として分かりやすい項目がいくつか用意されています。例えば以前は勃起してしまうような現場に出くわした場合でも、勃起せずに無反応になってしまったり、性行為などを行うような場面でも、十分な勃起力を得ることができない基準もあります。また、性行為を行っている最中に途中で萎えてしまうこともEDには多い現象とされており、以前は問題が見られなかったような方でも中折れをしてしまう場合が多く見られます。性行為を行っている時間に関することも挙げることができます。以前はある程度の時間を持続して勃起していた方でも、短時間に限定されてしまう場合もあります。このような状態であればEDの疑いを持つことが必要になり、しっかりと把握した上で対策をとることが良い方法です。幸いにして現在ではEDに効果的とされている薬が発表されているので、服用する方法でEDの症状から克服させることができます。挿入可能な硬さにならない方のケースでは、日常生活を十分に満足することができない状態に陥ってしまうことになるので、やはり、薬を効果的に服用する方法で対応することが何よりです。EDの判断基準として相応しい内容では、若年層の頃と比較する方法ではなく、現状を把握して年齢に相応しい勃起力を得ることができるかどうかで判断することも一つの方法です。

ED素早く治すには

ED(勃起障害)を素早く治すには、まずは早めの病院受診が大切です。動脈硬化が原因の身体性のEDであれば、早めに血流改善を行うことで回復できる確率が高くなります。硬くなってしまった血管は完全に元には戻りませんが、治療薬で血流改善を行うことで、性行為には支障をきたさないレベルまで回復できる可能性があります。そして、生活習慣でも血流を良くすることに気をつけることが大切です。確かに治療薬を飲めば、薬の有効成分の作用で勃起し、維持しやすくなります。しかし、それはあくまでも薬を飲んだ時の効果です。ED治療薬はPDE5(ホスホジエステラーゼの5型)という酵素の働きを抑制して、cGMP(サイクリックグアノシン一リン酸)が壊されないようにする働きがあります。cGMPは血管を拡張させる働きがあり、これが壊されなくなることでペニスへ十分な血液が届くようになり、勃起しやすくなるというメカニズムです。つまり一時的に血管を拡張して血流を良くしているだけなので、ちゃんと治すには血流を良くするような食生活や運動習慣も重要ということです。食生活では、体を温めるような生姜やねぎ、などがオススメです。また、性ミネラルと言われる亜鉛もしっかり摂取しましょう。亜鉛をしっかり摂ることで、性欲がアップしたり、精子の運動が活発になります。そして、心の面ではパートナーの理解を得ることも大切です。どんなに有効な薬を使っても、パートナーが焦らせるような態度をとれば、焦ってうまくいかなくなってしまいます。EDであることを隠したいという男心はわかりますが、早く治すためにはパートナーの理解を得て、一緒に治療していくという気持ちで臨みましょう。

EDの原因の種類

勃起不全症(ED)に悩む人は近年増加傾向にあります。これは治療薬の開発が進み、疾患の認知度が高まっていることも一因と言えます。ここではEDの原因について解説していきます。まずEDの原因としては糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病が挙げられます。まず血糖値が高い状態が継続すると血液中の糖分が血管壁を糖化してしまいます。これによって動脈硬化が引き起こされます。また血圧が高い状態が継続すると血管壁に強い圧力がかかり、これによっても動脈硬化が進行してしまいます。動脈硬化によって弾性を失った血管では、勃起時に起こる血管拡張を引き起こすのが難しくなり、結果として勃起が起こりにくくなるのです。また脂質異常症によって脂質が血管壁に付着すると、プラークを形成し、これもまた血流量減少に寄与してしまいます。また下腹部の外傷や手術によって神経が障害されると勃起不全症が起こることがあります。勃起が起こる際に神経の働きによって血管が拡張し、陰茎部への血液流入量が増え、勃起が起こりますが、神経が障害されてしまうと、それがうまく機能しなくなり、血管が拡張しなくなります。さらには心理的な要因によっても勃起不全症が起こることがあります。もし性行為に対して心理的に不安や自信のなさがあると、自律神経系のうち交感神経が優位に働きます。交感神経は血管を収縮させるように働くため、陰茎部の血管は収縮し陰茎海面体への血液流入量が減少し勃起が起こりにくくなります。これらいずれの要因においてもED治療薬は有効です。ED治療薬として最も有名なのはバイアグラですが、それに続いてレビトラ、シアリスが日本では発売されています。それぞれに特徴があるので個々に合った薬を選択しましょう。